Dream Japan

Vol.6
★「相棒 - 劇場版Ⅳ」
~ 愛するモノのために。土となれますか?~

(2017/02/18)

公開: 2017年
監督:  橋本一
製作: 「相棒-劇場版Ⅳ-」パートナーズ
出演:  水谷豊、反町隆史、仲間由紀恵、及川光博、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史、石坂浩二、益岡徹、江守徹ほか
音楽: 池頼広
脚本: 太田愛
配給: 東映



★命をかけても、守りたいものがある・・・。

「シリーズで最も感動した」という声も聞かれる相棒劇場版Ⅳがいよいよ一般公開され、累計1千万人を超える視聴者数に達したと発表された!

ストーリーは7年前に、英国で日本領事館関係者の凄惨な事件が起こり、少女が国際犯罪組織バーズのリーダー=レイヴンによって誘拐され、国連犯罪情報事務局・元理事のマーク・リュウが、日本にレイヴンが潜伏しているという情報を得て香港から来日し、特命係の杉下右京と冠城亘は、広報課長社(やしろ)美彌子からの指示で、案内役としてそのリュウに同行している矢先に事件が起こる・・・というものだ!

レイヴンは大鴉(おおがらす)のことで、首に鴉のタトゥーの入った謎の狙撃犯も現れる。

約9億円を要求する誘拐に、テロあり、サイバー犯罪あり、そしてユーモアあり、といった内容であり、劇場版シリーズで一番、見やすい内容となっているといっても過言ではない。

総合エンターテイメント的なⅠ、組織の闇の部分をテーマにした密室型の相棒らしいⅡ、絶海の孤島の特殊な集団に入り込んだⅢと、それぞれの見所はあったが、今回も、「さすが相棒」とおもわせる映画だ!

特殊なエフェクトにより戦時中のシーンもリアルに再現しており、映像も音楽も、製作陣の努力が感じられる。

誰もが観れるエンターテイメントではない大人向けの謎に包まれたサスベンスが相棒のコアでありながら、今回の作品は比較的、過去の作品に比べ、老若男女に見やすい部類に入るであろう。

愛するモノのために命をかけられるか?そして、その土となれるか?・・・テーマが明確であり、後味のよい作品となっている。

新しいキャラクターも登場し、新シーズンも放映中の中、相棒の”進化”はまだまだ続く!




ご意見・感想は、インターアーツ mail@interarts.info まで


◆ "相棒"劇場版Ⅳ特設サイト


◆ "相棒"オフィシャルブログ
 


◆ "相棒相関図"